ドメイン

ドメインにはオールドドメインと呼ばれる長く存在するサイトがあります。
長く存在するサイト。 つまり、開設から長く存在しているサイトというわけです。

最近のSEO対策ではこのオールドドメインを利用した対策が有効とされています。
というのも、長く存在するサイトはそれだけユーザーの支持を集めていると
検索エンジンが解釈し、サイトの評価を上げる傾向にあるからです。


価値のあるものですから、SEO対策をしたいというサイトがオールドドメインで
あるということは、 SEO対策にとって有利に働くのです。

そこで、オールドドメインのやり取りがされていますが、
再利用に注意が必要なことは案外知られていません。
こうしてやり取りされたドメインは本来のサイトへの
作り替えて利用されます。

ですが、どんなサイトでも作り替えればいいというわけではないのです。
SEO対策上の注意は、ドメインの元のコンテンツと関連のあるサイトにすると
いうことです。

こうすることでオールドドメインの持つ効果を引き継ぐことができます。

そもそもオールドドメインが効果的なのは長く存在するサイトだから、その分
信頼度が高いということにあります。


そのサイトを完全にジャンルも何も関係のないサイトに作り変えてしまうと、
また1から新しいサイトとして認識されてしまうのです。
作り替える
それではせっかくやり取りをしてオールドドメインを取得しても、何の効果も発揮しません。それが、元のコンテンツと関連のあるサイトにする必要があるということなのです。

ただただ、オールドドメインを取得すればサイトの評価アップに繋がるというだけでは誰もが簡単にできてしまいますよね?

それでは本当に有効なサイトがどれなのかわからなくなってしまい、
検索エンジンの意味がなくなってしまいますよね。
それを防ぐ為にもこのようなやり方がとられています。


様々な方法が取られている中、検索エンジンのアルゴリズムも日々進化を続けており
seo対策を行う側としては、その変化に置いて行かれないように日々分析・対策を
こまめに続けていくほかありません。


自分のサイトにとって重要となるseo対策とはどんなものか、
それは過去の情報を取り入れた上で取捨選択を適切に行っていきながら
調べていく根気が必要になると言えるでしょう。



サイトHOMEへ / サイトの評価 / ランクを下げる要因 / 質を重視した対策 / 良質なリンクを獲得 / ホームページ / 納得しやすいシステム / 外部リンク / 行う対策の内容 / 対策の種類 / seo対策の料金形態 / すぐできる / ペナルティ回避 / サイトへの誘導 / コンテンツマーケティング / 売り上げに繋げる / 購買意欲に関わる / ガイドライン / SEO対策の裏技 / 「EAT」と「YMYL」 / ロングテールとリダイレクト / ご案内ページ