内部対策

最近ではseo対策の内部対策の必要性が高まってきているといえます。
というのは、検索システムがこれまでの外部リンク重視から
内部を重視する方向に変わってきているとも考えられるからです。

既に被リンクは関係ないとまでいう人も出てきていて、かなりseo対策も
昔と変わってきているとも考えられます。

 

検索つまり、今の検索システムは外からのリンクによる評価ではなく、
サイト内部を実質的に評価するようになってきているので、
この内部対策というものが必要となってきているというわけです。


簡単に言えば見た目重視から内容重視に変わってきているという
ことがいえるのです。


では、このseo対策でする内部対策とはどのようなものかというと、クロウラーといわれる
検索システムの巡回マシーンが多く巡回してくれるようにするということです。


これは、クロウラーが巡回しやすいということは、サイトの訪問者も巡回しやすいと
いうことにもなるのです。具体的にはサイトの階層構造を見直して、基本的には
全てのページに2クリック以内で行けるようなものにします。


使いやすさ

こうすることで、サイトの使いやすさというのはどんどんと良くなって
きます。そして、そのことがseo対策にもつながるわけです。
階層が深いサイトというのが使いにくいと感じることはよくあるのでは
ないでしょうか。そうしたサイトは避けるべきということがいえます。

 

同じような情報を載せたサイトは数多くあるため、少しでも「使いづらさ」を
感じればユーザーは一瞬にして離れていってしまいます。

基本的にseo対策はそのまま使いやすい、見やすいサイト作りにも繋がります。

 

ユーザーにとっての使いやすさを維持しながら、上位表示させるために
更に細かく工夫をしていくことで、さらにアクセス数の増加を計り
売り上げアップを狙っていくことが、seo対策の基本と言えるでしょう。


サイトHOMEへ / サイトの評価 / ランクを下げる要因 / 質を重視した対策 / 良質なリンクを獲得 / ホームページ / 納得しやすいシステム / 外部リンク / 行う対策の内容 / 対策の種類 / seo対策の料金形態 / すぐできる / ペナルティ回避 / サイトへの誘導 / コンテンツマーケティング / 売り上げに繋げる / 購買意欲に関わる / ガイドライン / SEO対策の裏技 / 「EAT」と「YMYL」 / ロングテールとリダイレクト / ご案内ページ