不幸にならない交通事故

.......(C)happy........LAST UPDATE 2015.07.1

produce by sennmama

交通事故の被害に遭った場合には、様々な負担を強いられることになってしまいます。
そのため、負担を少しでも軽くするために、出来るだけ早く弁護士に依頼した方が良いです。

交通事故後の一連の流れとしては、警察に連絡をして交通事故証明書を発行してもらい
治療を進めていくことになります。

治療や後遺障害の認定が終わった段階で保険会社から損害賠償額、
いわゆる示談金の提示がなされます。

示談金の提示

ただしこの段階で保険会社が提示してくる示談金額は決して高いものではありません。

保険会社が独自の基準で算出した賠償額を提示していますので、
さらに高い金額を正当に要求することが出来ます。

しかし相手は交渉のプロですので、自分一人ではなかなか上手く交渉することが出来ません。
その際に弁護士の力を借りることになります。

弁護士の力

弁護士基準で示談金を算出すれば、任意保険基準よりも高額の示談金を受ける事が可能です。
弁護士には交通事故後の流れの中では出来るだけ早い段階で相談した方が良いです。

タイミングとしては、治療を始めたころに相談すると、その後の手続きがスムーズに流れます。