不幸にならない交通事故

.......(C)happy........LAST UPDATE 2016.06.28

produce by sennmama

見通しの悪い交差点で、自分が右折をするときに、直進してくる車と
ぶつかってしまう交通事故を起こしてしまいました。

自分が右折をするときには矢印信号が出ていたので、対向車線は赤信号であったと考えられます。
しかし、交通事故の相手側の男性は、とても強気にこちら側に責任があると主張してきました。

こちらが若い女性ということもあり、強引に主張すればこちらがひるんで
責任を 回避できると考えたのかも知れないと感じたので、交通事故に関しての
交渉を得意としている弁護士の先生に相談をしました。

すぐ連絡する

その弁護士の先生は、すぐに現場に駆けつけて相手側と交渉してくれました。

交通事故の相手の男性は、弁護士の先生が交渉の場に立つと今までの態度を一変。
交通事故ではどちらに非があるかで免許や保険などが変わってきます。
ですから、少しでも自分に有利なように話を進めたいのでしょう。

押し切ってしまいたいという相手側の心理が目に見えるようでした。
ただ、このまま一人で交渉を続けていても相手方の主張に
呑まれてしまっていたでしょうが、それが嘘のように
素直に自分側の責任を認め始めました。

その相手の態度には驚きました。
まさかこんなに態度が変わるとは。

そう考えると、先生に来ていただいて本当によかったと改めて感じました。
同時に大変安心感を感じました。

あのまま、たとえ一時的にでも自分自身で交渉していたとしたら、
同じ結果が得られたとは 到底思えません。

改めて交渉の場を持つことさえ不可能だったかもしれません。
そう考えると、弁護士の先生を依頼しようと即座に判断できたことを奇跡のように思います。

このまま、後日の賠償金などに関する交渉についても
この弁護士の先生に お願いすることにしました。
この先生のおかげで賠償金をもらうことが出来たので、とても助けられました。

助けられた